デコポンポンカン柑橘類

心の宝石箱にしまっておきたい思い出

気持ちの吐き出し

夏も終わり秋になってしまった。もう寒くなる一方だ。季節はどんどん進んでいくけど私は一向に進まない。少しずつは進んでいるのかな...忙しくてそれはそれで充実していて日々勉強になるけれど。


夏から秋にかけてもそれなりに楽しく過ごしてましたしきゅんとするような出来事だってなくはなかった。それでもその先へ進むことは私自身の勇気がなかった。(まぁこれから勇気出すかもしれないけど)

てな感じでまぁ〜相変わらずの生活でございます。


ふと思い出したんだけどやっぱりね〜あの夜桜の先輩好きなのよ〜好きだったのよ〜

話した些細なこととか、先輩のふとした表情とか、くっきり思い出しちゃうんだよ〜

まぁ、そういうことをモヤモヤ思っちゃうと精神衛生上よくないので、ここで吐き出します。



ということ。


でもね、それでも私自身この1年ちょっと可愛くなろうと努力したり、色々挑戦したりしてみた。もう一度先輩に会った時きっと堂々と会えるくらいに。そんな自信はついた。


【追加】

日付変わると「おうちの人心配するでしょ」とお開きにしてくれた先輩へ

3時過ぎまでのんで歩いて帰るくらい、終電で寝過ごして知らない駅に着きそこからタクシーで帰るくらい、ある意味大人になりましたよ