デコポンポンカン柑橘類

心の宝石箱にしまっておきたい思い出

何度目かの後悔

年末、例の夜桜の先輩から連絡が来た。

「めっちゃ久しぶり。塾の先生たちとのんでるんだけど、来れたりしない?」


またしても自分の目を疑った。プチパニック。

そりゃあ先輩に会いたい、あれから何年経った?それでもいまだにこんなにもあなたのことをちまちま思い出してしまっているから。


でもわたしは残念ながら正直な女じゃない。先輩からの連絡だって素直に喜べない。

「他の塾の先生たち」誰がいたか知らないけど、その人が連絡くれたらいいんじゃないの。なんで塾辞めたその先輩なのよ。(まぁ塾の先生たちより、先輩との方が仲良かったと思うけど)

っていうのはさ、本当にどの人だかわからないけど冷やかしでその先輩に連絡送らせてんじゃないの。

って思ったらなんだかモヤモヤイライラしてきちゃって、返事をしなかった。日付変わるくらいに「今気づきました、残念です泣」みたいなこと送って。


なんて強がって言ってるけど、これももちろん私の本心だけど、もっともっと本心は会うのが怖かったんだろうな。好きって言ったけど振られた相手に会うっていうのが。しかもなんて言ったっていまだに好きだからさ。会って話しでもしたら、相手にそれがばれちゃうんじゃないか。

それもそれでありだと思うけどさ、毎回だけど後悔するね。会える機会があったのにそれをわざと逃すのはね。


もうちょっと私の気持ちが吹っ切れていたらなぁ


でもね、なんだかんだいまだに連絡くれたりするの本当に嬉しいし、小さなことだけど言葉遣いや心遣いが本当に好き。こんなところが好きなんだよなぁ、なんてまた思っちゃった。またね!!なんて言ってくれちゃってさ。いまだに思わせちゃう先輩が好きだよ.....もう一度会う勇気もないくせに、またこんなこと思っちゃう自分が嫌だよ。





夢を見させてくれ

ラインの「友だちがプロフィール画像を変えたよ」とお知らせが来る機能により、好きだった先輩のアイコンが変わったことを知り、見てみると今の彼の顔がアイコンとなっていました。

ため息ついちゃう。かっこよくて。そして私の知っている顔で。私がいまだにこんなに覚えていて。


そんなことがあったのでまた夢をみました。久しぶりに会った先輩とお話しをして「お姉さんになったね」と言われてた。夢の中では少し脈ありだった。


そんなこと言ったってもうどうしようもないんだけど。先輩は社会人だし、もう会うような機会もないし。いい加減諦めなきゃいけないんだけど。先日友達(男)が全然なんとも思ってなかった後輩の子からあんまりアタックされるから、と仕方なしに付き合ったらすごく好きになった、と聞いたもんだから。やっぱり一回で諦めるべきじゃなかったのかな、なんて思ってしまう。


はぁ〜〜諦めるっつって2年も経ったのにね。自分が嫌になるよ。諦める、まだ思い出す、の繰り返しで。前に進もうにも新しいそれすらうまくいかなくて。やっぱりどこかで先輩を思い出してしまうし。




正直なオンナなのよ

なんか振られたんですけど!!!


今年桜を見に行った彼といい感じになって、その後ネモフィラを見に公園へ行ったり(ネモフィラは終わっていて見れなかった)、アジサイを見に鎌倉に行ったりそれなりにデートスポットに行ったりした。月一くらい。ちなみに誕生日プレゼントももらいました!


そして先日研究室の飲み会で私の女友達が彼に問い詰めたらしい私をどう思ってるのか。そしたら「向こうから誘われたけど俺はなんとも思ってない」というようなことを言ってたらしい。は??お前何他の人に言ってんだよ。しかも「俺は好き、向こうはどうか知らないけど」もしくは「俺は好き、向こうも多分好き」なら百歩譲ってまだ許せる。なんなのそれ、私が惨めなだけじゃん。


私は誰にも言ってなかった。自分の精神安定のため、余計な情報を入れないために。それが一瞬にして崩れたし、なんならあんた私のことなんとも思ってないんかいって。

そんな状況でモヤモヤするしムカついてきたのでラインで、言葉で、殴りかかりました。そのラインには「私はこういう気持ちになった。あんたのことこんな風に思っていたのに。」というようなことも含めて送りました。すると返ってきたラインには軽率な発言の謝罪はあった。

しかし「どういう伝わり方をしたかわからないけど」???私がどんな気持ちになったか書いたよね???

さらに「俺はいいなって思ったときもあったよ。(私)ちゃんがどう思ってたか知りたいな」???私があんたのことをどう思ってたか書いたよね???

お前ちゃんと読んだのかって。読解力あんのかって。(中指立てながら)


ここでキレずに優しく正直に。好きじゃない人とこんなに出かけませんよ、と送ったら「それは悪いことした。でも何度か遊ぶうちに友達として関わりたいなって思ったんだ」と。

悪いことした、おん。お前そこで初めてわかったのかよ。だから私あんなにキレて、ラインで殴りかかったんや。そして最初はいいなと思ってて遊ぶうちに友達がいいなって思われる私よ。何しでかしたん笑笑笑笑


彼とのラインを読み返したりしてみてまぁ思い当たる節がなくもないというか。鎌倉まで彼は割とノリノリだった(と思われる)。積極的に遊びに行くラインくれてたし。ただこの時私がノリ悪くて。教育実習で例の先生になびいてたから。鎌倉散策15時半解散とかですよ。私脈なし過ぎるでしょ。

そして私好きなことも嫌なことも割と正直に話すのよ。それを話すってことは相手を信頼してるからなんだけど、自分の意見バシバシ言う女は好かれないのかもしらん。



自分の意見をバシバシ言ったり、ラインで殴りかかるような女は可愛げないんだろうな。新宿ルミネの飲食店で見るような相手の男の話を聞いて、何か質問されたら聞こえんのか聞こえないんだかわからない程の小さい声で返答するようなかわいい女の子が可愛いんだろうな。それを横目に私は1人でパフェがっついてましたけど。可愛げがなくてどうもすみませんね。


あと、また私がずっと好きな先輩と比べてしまうけど、「好き」に対してありがとう、なんて言ってくれなかった。私と2人でいたことに対してのプラスな、ポジティブな言葉がなかった。少し寂しかった。そんなもんなのかな、と思いつつ。




夢にまで想う人

今朝方かな、好きだった先輩が夢に出てきた。

久々に会って話をしたけど、私は相変わらず先輩のこと好きって雰囲気を出していた。しかし先輩はそうではなくて。距離を保つ感じだった。


いまだに夢を見るのに、結局その夢の中でも先輩はそういう態度ならもう早くその先輩を考えることをやめなさい。

わかっているけど。好きな人がいないからか。でもそれって私が知らないうちに先輩と比べてしまっているのかも。


いまだに、もう2年は経つのに、先輩の顔も声も雰囲気も細かい部分まで覚えている。忘れようと思っても忘れられないし大切にしたい思い出だから、無理に忘れようとせずこうやって書き残しておいてるけど、もう思い出すのしんどい。でもいつまでも覚えていたい。


もういい加減好きな人と楽しく過ごしたいよ。


マッチングアプリでも始めようかな。



ときめきってあっさり訪れるのよ

先週まで母校へ教育実習に行っていた。

噂に聞いてはいたけど教育実習はしんどくてつらかった。しかし終わってみると楽しかったな、少し寂しいな、なんて思う。何より母校の先生方の高度な授業技術と深い愛情を感じた。


というのはこれくらいにして。

授業がうまくいかず落ち込んでいた時に新任っぽい若い男性の先生が声を掛けてくれた。「授業見に行きますね!」って。私が在学中にいた先生ではないし謎だったが、明るい雰囲気と笑顔が可愛いとか思ってしまった。


授業プリントを職員室で作っていて、機材の使い方に戸惑っていた時もさらっと私のプリントを受け取って解決してくださった。ときめいちゃう。女子校育ちなめんな、という感じ。


授業も見にきてくださって、その後ご指導いただいた。雑談もしていたら先生は3年目ということで私と3つ違いというお若い先生でした。冗談ばかり言うような、でも生徒のことをよく考えてらっしゃる面白くそしてしっかりした先生だが、帰り際に「ということで飲みに行きましょうね!」と言われた。ぜひぜひ〜〜と言って去ろうとしたら「僕の連絡先も聞かないで?」って返され、なんだか可愛く見えて、わーったよ聞くよという気持ちで連絡先教えてもらいました。

教育実習生を応援したい、ということで他の実習生にも自ら指導していたそう。だけど、連絡先を聞いたのが私だけだったのか、なんなのかわからないが、私だけ連絡先を教えてもらったようだ。

実習も終わり、ご指導いただいたお礼のメールを割りと堅めに送った。そうすると、堅めの返信が来た。あんなにおちゃらけていたのにガチガチのビジネスメールで、やっぱりしっかりとできる人なんだな〜と思った。

だから、気軽に飲みに行きましょうなんて誘えないんですけど。気になるのに。またいつでも気軽に連絡くださいね、とは言ってくれたものの。





桜の季節、春の予感

今年も桜の季節がやってきて、また私はいてもたってもいられなくなってきました。


その前に、ちょっとときめいた話があって。少し落ち込む出来事があったのだけどその時、研究室の元々仲よかった同期の男子(以前「知ってる、この感じ」で書いた)が励ましてくれた。いつもはからかってきたりするから、あ〜笑われるなと思い込んでいたものだからびっくりして、泣きそうになった。

そんなこんなありまして、私から飲みに行こうと誘って、そしたらまぁ楽しくて色々話したし。私の闇具合もわかってくれてそんなところも話したり。帰り際、ふと「そろそろ桜も見頃だしね〜」と呟いたら、「見に行く?」なんて言ってくれて、お花見の予定までたててしまった。


都内の桜の名所に行ってきました。のんびり歩きながらお花見して、夜も飲みに行って、だいぶ一緒にいました。楽しかったし、向こうも楽しんでくれたかな。雰囲気がいい感じになった瞬間もなきにしもあらず。



ただどうしても「お花見」「桜」って言うと私はある人を思い出してしまうので、それの上書きをするかのようにお花見に行ってしまったな、なんて思った。

そしてそんなタイミングに限って、そのある人のラインのアイコンが変更されましたってお知らせ?が見えて、見てみると思いっきり横顔の写真だし、やっぱり顔がめちゃくちゃタイプだよ....!!!なんて思ってしまった。


そんな感じで上書きするかのようにしてていいのかな、と思いつつも久しぶりの恋の予感に心は躍りますね。



n回目の嘆き

私が出会った中で1番好きな顔だったし好きなタイプだった....例の夜桜の先輩が!!!



いや〜どうしてもね。思い出しちゃうしね。かっこよかったし、気の遣い方もとても素敵だったし、諸々が好きだった。多分この先これ以上ドンピシャリで好きな人いないと思うよ。そう思うとなおさら少しでいいから付き合いたかったな〜〜なんて思っちゃう。

少し救われる点としてはちゃんと好意を伝えたことだね。うん、それはよかった。


だからもうもはや誰でもいいのよ、優しければ、私のことを好きって言ってくれれば。